自費出版にも利用しやすいオンデマンド印刷

自分の生涯をまとめる、会社の歴史をまとめる、小説を出版したいなど、出版会社を通さず自費出版する方が増えています。

自費出版で重要なのが編集と印刷コストです。編集については自分で行なう、人に任すなどさまざまですが、印刷についてはこれまでのオフセット印刷からオンデマンド印刷を利用する方が増えています。
オフセット印刷とオンデマンド印刷の最大の違いは版を作るかどうかです。
自費出版の場合、印刷部数が少ないので版を作っても割が合わないケースが多かったのですが、版を作らないオンデマンド印刷では部数が数百部程度であってもかなり安く印刷可能です。

また、増刷する際にも指定部数を少なめにしても安く済むのがメリットと考える方も多いです。


増刷については修正を施したいと考える場合が多いですが、版を作りなおしになるのが難点でもありました。

自費出版についての情報を提供しています。

オンデマンド印刷は小数部の印刷にはコスト面で大変すぐれた方法です。

オンリーワンの冊子印刷の情報を公開しているサイトです。

さらにメリットとして上げられるのがデジタル入稿可能なことです。
オフセット印刷でもデジタル入稿に対応していますが、オンデマンド印刷ではデータをそのまま印刷機に流しますので印刷速度が速いのも特徴です。

同人誌の印刷の情報をご案内しているサイトです。

また、利用できるデータ形式についてもAdobe社のPSDやAIなどが利用できます。

パソコンで作品を作る場合、WORD等で作品を作っているケースも多いのですが、印刷会社によってはWORD等文書等にも対応が進んできており、利用者が増えています。